教えて掲示板の質問

「考えられなくなった。」に関する質問

  • 受付終了

まこぴさん

初めて相談させていただきます。よろしくお願いします。

私は心理職の道を志し、臨床心理学研究科を修了しました。しかし、終了後に心理士を4回、心理師を3回受検したのですが、結果が振るわずです。
結果が振るわないことに関しては努力不足なのですが、学習に身が入らないことに関しては、家庭環境や学生時代の経験が関係しているのではないかと考えているのです。
また、大学生時代に学生相談を利用していたこともあり、精神的に不安定になりやすいなと感じています。一度だけですがリストカットをしたことも…。
最近また精神的によろしくなく、カウンセリングなどに通った方がいいのか悩んでいます。


以下に簡単に生育歴なるものを記しますので、助言などの参考にしていただきたいと思います。

・乳児期
年齢は不明なのですが、発話が開始がゆっくり目だった。しかし、自閉症的なことは疑われず、「いずれ話すようになるから」と言われた。
・幼児期
かなりの引っ込み思案、2人見知りで、分離不安が強く、登園時にギャン泣きだった。人前に出るのが恥ずかしく、運動会などは先生に手を取ってもらいながら競技に参加。卒園アルバムの園児たちからのコメントでは、「
ままごとで母役が上手い」とありましたし、友人はそれなりに居たと思います。
・児童期
小学校に入学しても恥ずかしがり屋で挨拶もままならず。ただ、それなりに社交性はあったみたいで、似顔絵を描いてくれる友人が居たりと、友人に取り囲まれていた。小学校2年生の時学童でトラブルがあり退会。理由は
分かりませんが、泣き喚くほどの嫌がらせをされた記憶はあります。小学校3年生の頃クラス担任と折り合いが悪くなり、3ヶ月程不登校に。具体的な理由は分かりませんが、2年生の頃に母方の祖父が他界し、3年生になると
母方の祖母に認知症の症状が見られ始め、当時の家が祖母宅から最短でということで母が世話を始めたことで、家の中が忙しくなったことも理由の一つかもしれません。
不登校時は、最初は母に同行して祖母宅について行ったりしていましたが、その後保健室登校を行い、友人の声かけによりクラス復帰という形に。小学校4年生二学期に引っ越しによる転校がありました。転入初日にクラス
のみんなが転入生を必要としていないことを体感し、私は場面緘黙になり、当てられても発言できず、クラスメイトとは筆談で。学校では毎日泣き腫らし、仮病を使って早退。ひどい時は心身の不調から発熱することもしば
しば、実は、転入したクラスは学級崩壊が起こっており、男子が女子を蹴飛ばす、授業が止まるなど騒がしい事が頻繁に。小学五年生でクラス替えがあり、担任ともに一新でした。5年と6年で話せる人は増えたものの、発言
は不可能でした。
・中学生期
入学と同時に自力で場面緘黙を克服しようと努力し、授業中の発言はできるようになりました。ただし、自力でどうにかしたので、ハキハキとは話せず。友人を作ろうと努力しましたが、空回り。声をかけても上手くかわさ
れたり、仲間に入れてもらえなかったり。投稿するのがやっとで、勉強は手につきませんでした。毎日のように「学校に行きたくない」と訴えていましたが、親には「行きなさい」と言われてました。その当時父親はかなり
短期で大声で怒鳴ることも多く、勉強のことで責められることも。体調不良を訴えて保健室に通う事が多くなりました。生理痛が重いということもあり、通いやすかったと思います。三年生の終わり(第一志望に合格後)に、
精神的に耐えられない事があり、担任に相談するも、「大丈夫だよ」と軽くあしらわれた事我慢の限界となり、学校で号泣。保健室の先生が駆けつけてくれ、SCと初めて関わりました。
・高校生期
素晴らしい友人に恵まれたことで精神的な不安もなく、3年間特に問題もなくでした。
・大学生期
友人トラブルがありました。友人同士で悪口の言い合いをしていて、グループに交わることに疲れを覚えていた頃にある友人からあからさまな嫌がらせをされ、仲介人を立てて喧嘩をしましたが、仲違いに終わり。周りの友
人たちと進路が違うことで価値観に差が出て、単独行動が増えました。卒業論文でトラブルがありました。指導教授との関係悪化により執筆に問題が起こり、提出後に学科長の協力の元で修正版の提出を行なうトラブルがあ
り、燃え尽きのような症状に。
・大学院生期
友人関係でトラブルはありませんでした。
・社会人期
とある電話相談に就きましたが、一年で退職しました。副所長より学科長あなたをの過去に残しておくことはできない」と宣告。2つ目の職場ではパワハラに合い、約4年で去りました。現在は無職です。

違反報告

2021年2月12日 19時08分

教えて掲示板の回答

mentalquest

はじめましてmentalquest(めんたるくえすと)の渡辺と申します。
医療機関で医療相談、生活相談、介護相談、カウンセリングを行っています。
宜しくお願いします。
心理職の道を志していた時のまこぴさんはどんな夢と希望がありましたか。
憶えていらっしゃいますか。
今は熱もさめてしまったでしょうか。
燃え尽きのような症状と最後の方に書かれていましたね。
確かに、大分疲れていらっしゃるなという印象です。
努力不足とおっしゃいますが
結果は結果として、受検に挑んでいる時のまこぴさんは
充分力を尽くしたはずです。
でも、やっぱり結果がついてこないと
ついつい自分を責めたくなる気持ちはよく分かります。
今回のご相談内容から、第三者の目を通してご自身を知ることは
大変良いことだと思います。
気付きもあるでしょう。
心理職に就く前にしなくてはならないことは
自分自身の問題を解決しておくこと
時間がかかっても良いと思います。
今は何も考えられないけれど
精神的不安を感じた事、リストカットをした事
受検が上手く行かなかった事、パワハラを受けた事
カウンセリングを受けようと思った事、仕事が続かなかった事、
これらは、まこぴさんが再び立ち上がる力が湧いて来た時に
その時何を感じ、何を思ったか、どう解決したか
実体験だからこそ、生きた分析ができる。
心理職にも役立つ
ここは前向きにプラスに対処してみませんか。
今は脳がお疲れの様なので
ゆっくり頭と体と頑張り屋さんの心を休ませてあげましょう。
経験は宝です。

めんたるくえすと.com

違反報告

2021年2月17日 16時44分


総合セラピールーム:ヒーリング・スウィート

まこぴさん

はじめまして、

埼玉県で総合セラピー(カウンセリング・催眠療法:等々)

を行っている、

認定カウンセラーの、

栗原 と申します。


お悩みお読みいたしました。


とても、お辛い状態ですね。


>考えられなくなった。

との事ですが、

お悩みの原因を客観的に書かれているので、

考えられていると思います。


将来がご不安なのではないですか?


複数のトラウマをお抱えのようですね。


ご自身で実際のカウンセリングや催眠療法を受けてみて、


トラウマを癒し、カウンセリング技術を学べば、


今までのお辛い体験が生き、


素晴らしいセラピストになれると思います。


対面や動画通話で、
うつ、パニック障害、トラウマ克服
人間関係などの各種お悩みを
カウンセリング、
催眠療法(ヒプノセラピー)
瞑想指導で
短期間で改善します。
埼玉県草加市
総合セラピールーム
ヒーリング・スウィート
はこちらからどうぞ。
https://integrated-therapy.net/


お問い合わせはお気軽にどうぞ
https://integrated-therapy.net/mail.html



***

違反報告

2021年2月16日 13時33分


Counseling_Zama

まこぴさん、おはようございます。

まず、まこぴさんの現在の状態が、成長過程での経験(成育歴)と関係しているのかどうかについてのアドバイスは、心理職の道を志し、臨床心理学研究科を修了されているまこぴさんの得意分野だと思います。

「考えられなくなった」というご相談ですが・・・「それは本当でしょうか?」
私たちは皆、実際に考えられなくなったとき、悩みもなくなります。なぜなら、悩みについても考えられないからです。それゆえ、「考えられなくなった」と考えるとき、まこぴさんは精神的に不安定になるのではないでしょうか。

「考えられなくなった」と感じたら、次のように自問して下さい。

「考えられなくなったと考えないとしたら、今現在において何か悪いことがあるだろうか?」と。

ご参考になれば幸いです。

違反報告

2021年2月16日 06時07分


カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめまして まこぴさん
カウンセリングルームFlowの馬場と申します

考えられなくなってしまった

ご自身でどうすればよいかわからなくなってしまった

というような印象ですが如何でしょうか

カウンセリングを受けた方が良いかどうか

それだけではないかもしれませんが
判断し考えるのが今非常に難しい そのような状態なのだと思うのです

そこでカウンセリングを受けた方が良いのかというご質問についてですが

どうすればよいか

ではなく

まこぴさんがどうしたいと感じているのかです

そしてカウンセリングと限定せず

ご自身の悩み
ご自身の事
過去

そういったお話しをしたい
話したいと感じておられるでしょうか

もしそうであれば
是非ともカウンセラーにお話ししてみてください

まこぴさんがどうしたいと感じているのか

求めているものを選んでください

またやる気が出ないことを今無理にしなければいけないという
状態状況でなければ

一旦置いておきませんか?

頑張らないと
絶対にこうしなければ

と思えば思うほど
それがプレッシャーになってはいないでしょうか

そうであれば
まずはご自身のお悩みを
考えられないほどに疲れ切っておられるかもしれません

そのようなご自身に何かを強いるのではなく

まずは人の手を借りることの出来る状況作ってみてください

これが参考となれば幸です

ご質問ご相談等ございましたら
どうぞ一度お問い合わせください

違反報告

2021年2月15日 21時32分


心理カウンセリング らしんばん座

まこぴさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

心理職の道を志し、資格試験を受験したものの結果も振るわず、学習にも身が入らないのですね。
その学習に身が入らないことについて、家庭環境や学生時代の経験が関係しているのではないかと、思っているのですね。

ただ、その「学習に身が入らない」というのは、どういった状況になってしまうのでしょうか?
臨床心理の勉強をするにあたって、過去の経験についての感情が蘇ってきて、学習が出来なくなってしまうと言うことでしょうか?
それとも、「やる気が起きない」のだけれど、その原因が過去の経験に有るのでは無いかという事でしょうか?

そうですね。
生育歴を読ませていただくと、幼児期に人見知りで、児童期も対人関係のトラブルを経験されたと言うことですが。
対人関係に問題を抱えていると、他人との関係を築かなければならない場面で、どうしても相手に踏み込むことが出来ないという事もあると思います。
心理学を勉強していると、どうしても自分の心の有り様や、「自分」その物に向き合うことになってしまいます。
その時に過去の経験に伴う感情が蘇ってきて、思わずたじろいでしまうのだと思います。

他の先生方もおっしゃっていますが、自分に向き合った時の問題は、カウンセリング、特に教育分析を受けることによって、解決する必要があると思います。
実際教育分析は、心理的な問題を抱えていなくても、心理を職業とする人には必要な事です。
自覚をしては居なくても、なにがしかの「心の偏り」のような物は、誰でも持っているものですから。それに気づいて、それを正すためにも、教育分析は必要です。

まこぴさんの場合、まずはご自分がクライエントになってみるのが良いと思います。つまり、一般的な傾聴カウンセリングに通うということです。
これは、まず「一人の人」として、受容してもらい、生きていく上で安心感を得ると言うことです。
生育歴を読ませていただいた限り、まこぴさんに一番必要なものは、「安心感」なのではないかと思いました。
自分が、「今ここ」に居ることが出来るという感覚を持つことで、これからの勉学のこと、心理職として人を支援すると言うことが、見えてくるようになると思います。

違反報告

2021年2月15日 18時55分


マインド・レスキュー『シェーズ』

まこぴさん、はじめまして。

私は大阪で「決定力」カウンセラーをしています井手耕心と申します。
どうぞ宜しくお願い致します。

まこぴさんからの、お悩みのメッセージを読ませていただきました。

生き辛さを感じながら生きてこられ、
今も精神的に不安定になっておられるんですね。

成育歴も拝読させていただきました
幼少期にご両親からの『絶対的な安心感』を受け取れずに
不安をずっと抱えてこられたんですね

周囲の大人からも助けてもらえない学生時代を
ご自分の我慢や頑張りで乗り越えてこられたんですね。
ずっとお辛かったんだと思います。

まこぴさんにはカウンセリングを通じて、
まずは『絶対的な安心』を心に感じてから
冷静に未来について具体的に考えてみることをご提案します。

まこぴさんの臨床心理学等についてのスキルやパフォーマンスより、
私はまこぴさんの心のコンデションを優先して考えるべきだと思います。

お仕事だけでなく今後の人生においての人間関係にも
不安が膨らんでおられるのではないでしょうか?

私は自分の仕事について以下のように考えています。
クライアントとカウンセラーの関係はアスリートとコーチの関係に似て
どちらか一方の頑張りでは問題は解決しないと思います。
気合や頑張りといった曖昧な精神論ではなく
具体的な方法をカウンセラーが提示して、
クライアントの変化にカウンセラーが全力で寄り添うことで
お悩みや生き辛さを解消できると考えています。

よろしければ私のホームページをご覧になってみてください。
まこぴさんの心を軽くするヒントがきっと見つかります。
もし、ご興味がございましたらホームページ内の
無料メールフォームから私にメッセージをください。
メールのご相談は何回でも完全に無料です。
マニュアル化された手法を押し付けるのではなく
まこぴさんに合った具体的な方法をお伝えいたします。

マインドレスキューシェーズは
年中無休・24時間のご予約に対応しています。
遠方や外出に不安を感じる方には
電話でもカウンセリングを受けていただいています。
深夜や早朝のご予約もあり、カウンセリングのご予約の合間になりますが、
無料のメール相談には出来るだけ早く返信いたします。

小学生時代からの場面緘黙について、
自力で克服されたことからも
まこぴさんは本当に頑張り屋さんだと思います。
その後は頑張りのベクトルが正しいのかがわからないまま
それでも懸命に頑張り続けてこられたんですね。
まこぴさんはずっと寂しさを抱えてこられたんではありませんか?

今の苦しさは必ず解消できます。
未来を信じて笑顔で過ごす日々を手に入れましょう。
一緒に前に進みませんか?
まこぴさんからのメッセージをお待ちしています。

違反報告

2021年2月15日 18時02分


こどものこころの相談室がじゅまる

はじめまして。沢山の専門家の方が回答してくださっているので、手短かにお伝えできればと思います。まこぴさんのご相談としては、試験に受からないのはご自身の勉強不足もあるかもしれないが、勉強に身が入らない、その背景にはご自身の生育歴や環境が影響しているのではないか、ということでお間違いないでしょうか。そしてその克服方法として、ご自身もカウンセリングに通った方が良いのだろうかという迷いを抱えていらっしゃるということでしょうか。(なかなかこうしたメールでのご相談は、双方向的にできないので確認ばかりで申し訳ありません)
なぜ学習に身が入らないかどうかは、今の段階での情報では分からないというのがどの専門家の方も思っておられるのではないかと思います。ただまこぴさんは大学を卒業後、大学院まで進んでおられたことを考えると、とても能力があるのは間違いないのではないかと思います。しかしながら、まこぴさんが書いてくださった生育歴には、人間関係のことが出てきますよね。それも何かトラブルが何度か出て来ます。その具体的なことは分かりませんが、そのことにまこぴさんご自身が、不安や迷いを抱えておららるのではないでしょうか。(ごめんなさい、社会人のところがきちんと理解できておらず申し訳ありません)心理士として人の心に触れる専門家は、やはり自分についてある程度知ろうとすることが必要になりますよね。そうしないとクライエントを援助するどころの話ではなくなりますから。
もし心理職を目指すのではあれば、カウンセリングな行くことも大切だと思います。また、心理士以外の道もあるでしょうし、対人援助の仕事から始めてみても良いかもしれません。大学院卒ということでも働けるところはありますよね。教育分析よりもスーパービジョンをきちんと受けられたら良いでしょう。そしてもし、そういう仕事がどうしても長続きしないのであれば、全く別の仕事をする方が内面的な葛藤に触れないで生活できる場合もあります。是非、どなたかにご相談されたら良いと思います。

違反報告

2021年2月15日 14時31分


秋葉原心理オフィスMAY

まこぴ様

はじめまして。
秋葉原心理オフィスMAYの猪野と申します。

お困りごとに加えて、生育歴を詳しくご説明いただきまして、ありがとうございます。

結論から申し上げますと、いろいろためらうお気持ちもあるかと思われますが、
カウンセリングはお受けになられた方が良いかなと思います。

他の方のご回答にもあったとおり、確かに教育分析も兼ねたカウンセリングがベストかと
思われますが、難しそうでしたら一般的なカウンセリングからお受けいただくことも
良いかなと思われます。

生育歴も踏まえますと、おそらく数々の出来事の記憶が機能不全な記憶(トラウマ)として
残っており、それが現在のご自身のあり方に影響していることが考えられます。

また文面からお察しすることとしては、おそらく解離傾向をはじめとした重篤な精神疾患が
認められるという状態ではなさそうですが、いかがでしょうか。

過去の影響で何らかの不全感が生じているとしたら、その改善策としてEMDRを部分的に
活用しながら、心身の調整を図るための方法を併用していくことで当面の安定を図り、安定が得られた段階で
教育分析による深い自己理解を目指していく、という流れも一手かなと思われます。

確かにまこぴ様が冒頭でおっしゃった通り、過去の経験や記憶の影響はいろいろな場面で、またいろいろな
形で出現します。対話面接で意味がないということはありませんが、過去の経験の影響を緩和する方法としては
EMDRをお勧めいたします。

もちろん、EMDRを一回受ければ即座に劇的に効果が得られるかというと、必ずしもそういうわけではありませんが、手堅く進めていく方法の一つではあります。

カウンセリングをご検討いただくにあたって、ご参考にしていただけると幸いです。

違反報告

2021年2月15日 12時41分


トータル幸せアドバイザー

こんにちは、まこぴさん。
宇宙ソウルコーチの夢乃満です。

初めまして。詳細な内容は、分かりやすく素晴らしいです。

あなたの様に心理系に進む方は、とても純粋で真面目過ぎるところがあり、多くの方が社会で悩む方が多いです。
さらにスピリチュアル系に進むと、世情との感覚にずれを感じて、様々な疑問が出て来て、生きづらくなります。

私も、そうでした。
この世は、物質主義や地位や名誉、
そして、利己主義からくる差別やいじめを考える方々が、どこにも存在します。
そこにいつも疑問やおかしさを感じて、日々生活してきました。

転職もいくつもしてきました。
納得がいかないことばかりだったからです。

でも、そこには理由と必然性があり、スピリチュアルな知識と宇宙の法則を知る事で、
自分に大きな変化をもたらしてくれました。

文章からも読み取れますが、あなたの様な純粋で素敵なスピリチュアル性をお持ちの方は、
今までの学んだ事を活かしつつ、方向を見つめ直しなさい!という天からのメッセージです。

人のために尽くす!方法は、探せばいくつもあります。
人は、よく云います。『今は、人のため尽くす心が湧かない!余裕がないから』と、
それは、少し勘違いをしているところがありますね。

人のため尽くすは、自分のためになるからです。

私の講座の方も悩みを抱えながらも、学び、活かして、それを仕事にしている人がいます。

例えば、お子さんが場面寡黙症をお持ちのお母さまは、
不登校や障害を持っている人の為のカウンセラーになるために、今、一生懸命講座を学んでいます。

いつも思う事があります。

自分が人のために何が出来るのだろう?
何のためにこの世に誕生したのだろう?
という人生の使命と役割が分かった時に、
人は輝く人生を歩み、未来が希望に満ち溢れる人を沢山見てきました。

ぜひ、そいうものに縁をすることが、あなたにとっての将来が素敵に輝けると、
あなたの文章をみて感じました。

必ず、いい方向に向かいますよ!心より願っています(^^♪

違反報告

2021年2月15日 11時32分


入野心理教育相談室

結論から申し上げますと、カウンセリングに通った方が良いと思います。
ただ、学生相談や病院など、ランダムにどこにでも行けばよいというより、大学院時代の友人たちに問い合わせて、教育分析もしているような先生をリスト・アップして貰って、できればその先生の著書を読んだうえで「この人」と決めて、例えば大学の研究室宛の手紙でお願いしてもいいかと思います。何故、教育分析もしている先生が良いかというと、一般の臨床家でも、きちんと受けてくれる方は、たくさんおられるとも思いますが、臨床心理学を専攻したということで…構えてしまわれる先生もいると思われるので、教育分析もされている先生ならそこがクリアーされます。それと、今不適応で適応できれば終わりというカウンセリングではなく、対人的な在り方や情緒の安定まで分析していただけることも必要だからです。はじめから、資格試験に合格していないので「教育分析を」というのは、おこがましいので、カウンセリングでいいが、長く深くやって欲しいとお願いして、もし治って勉強にも打ち込めるようになって、資格試験に合格出来たら、結果的に教育分析になります。

違反報告

2021年2月15日 09時55分


てもみ屋のほんだ

こんにちは
将来の悩みというのは、まず実績や経験を重ねていかなければ
本当に自分がその道にちゃんと進むべきなのかがわかります。
確かに何度か経験を積んでおられるかと思いますが、学生時期や社会経験がまだ
積み重なる途中に、誰しもが悩むことがあります。
あなたのように幼少期から社会人になるまでに色々と苦労することは沢山あります。
その経験とこれからの経験を活かすのが心理学というものです。
人間学、歴史学、医学、社会学、倫理学、などなど、すべてにおいて知識を増やして
いくことと、一日一日の時間を享受することです。

追、今までの経験ですが、苦悩なことに対して享受して色々な人に照らし合わせることで
あなたが苦悩や苦労なことから乗り越えられたということをクライアントに
話すことで光にの道筋ができるきっかけになります。

苦悩や苦労続きであっても積み重ねていくことで心理士、心理師として
人の為に光の手になれるようになります。

あと、ハラスメントは相手の悪意が見えるチャンスです。嫌なことはあると思いますが
それもまた経験の一環としてみてください。
今の世の中はチャンスだらけですよ

違反報告

2021年2月15日 09時37分


Freedom Counseling School

はじめまして、

コメント拝見致しました。

「考えられなくなった。」とのご相談ですね、

同業者からのご相談、嬉しく思います。

全ての原因は「精神分析」的なアプローチをすればわかります。

まこぴさんは教育分析(スーパーバイズ)を受けていますか?

実践の現場に出る場合は、10年間は教育分析が必須です。

私は心理カウンセラー歴28年になりますが・・・

毎日の相談の中で自分自身の「未処理の感情」が、いまだに出てきます。

是非、時間をかけながら・・・臨床の現場にカンバックしてください。

応援しています。

何かありましたら・・・いつでも、ご相談ください。

カウンセリングをご希望であれば、一度ご連絡ください。


FCS 主宰 野口正彦

電話& LINE ID: 0445441539

※匿名では受付できません、氏名、ご住所、電話番号をお知らせください。
※ご相談者ご本人に30分無料カウンセリングいたします。

(営業時間内限定)平日:AM 9:00~ PM 6:00 までの受付になります。


お気軽にご相談ください。

■料金表
http://fcscart.cart.fc2.com/?page=1

------------------------------------------------------

©日本心理カウンセラー協会 ★JPCA★

Japan Psychological Counselor Association.

FB: https://www.facebook.com/jpca20170801/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/MatRBdOe9DO0

------------------------------------------------------

©Freedom Counseling School 

©フリーダム・カウンセリング・サービス

FB: https://www.facebook.com/fcs1996st/

©Freedom_Counseling_School 
©フリーダム・カウンセリング・サービス (グループ)
https://www.facebook.com/groups/2163929443665673/

<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/IN1cA1qlnlgk

------------------------------------------------------

違反報告

2021年2月15日 09時04分


愛知ミッション

まこぴさん

愛知ミッションの平田と申します。ご自身で結論づいているように、カウンセリングに通われた方が良いと思います。例えば、水泳やテニスやゴルフを先生について習おうとする時に、少なくとも先生の方が実力が上ですよね。

状態が悪い人を相手にする場合は、その人より安定していて、かつ元気でないと難しいです。というのは水は高い所から低い所に流れるように、まこぴさんのエネルギーがカウンセリングする人に流れるからです。

自分が低いと、相手に十分なエネルギーが流れずに、結果、相手も良くなりません。またこの仕事はかなり肉体的にきついです。

そして、自分に十分なエネルギーがないと疲れやすくなります。そのため、私は週5回プールで泳いだり、あるいは週末に山に登ったりして身体を鍛えています。

さらに、自分が幼少期のトラウマに対して十分昇華してないと、相手に対して突っ込んだ質問ができなくなります。例えば、相手がすごい引っ込み思案で学校で虐めらた出来事を話し始めたとします。

その時、「それでどうなりましたか?」「その時、どんな気持ちでしたか?」とクライアントから感情をさらに引き出す質問をすれば、感情が解放され、良い結果となります。

ところが相手が泣き始めた時に、同情してしまいひるんで質問をするのを躊躇してしまったら、どうなるでしょうか?

お分かりですよね。

相手は感情が解放されないのです。結果、カウンセリングに満足しないことになります。


ですから、人を癒すには、まず自分が十分癒されて満足した状態になっていることが大切ですよ。

下のリンクで自分自身の心の状態がわかる性格分析テストを無料で行っています。是非やってみてまず自分を知ってみて下さい。

違反報告

2021年2月15日 08時52分


さわらぎ心理オフィス

はじめまして。
心理士を目指して勉強されていたとのこと。思うような結果が得られない事、とても残念であったと思います。
心理士になる人が、みな不安を感じたことがないかというと、そんなことはなく、心理士も自分の不安をきちんと理解しておく必要があります。
自分の不安をきちんと知ることで、相談に来られる方の不安と自分の不安を混同することなく、話し合いをすることができます。
これまで勉強されてきたことからご理解いただけると思いますが、
カウンセリングを利用されることはとても有用ですし、同時に一度心療内科を受診され、ご自身の状況が、精神的な負担が大きすぎて眠れない、いらいらするなど、カウンセリングで落ち着いて話すことができる状況かどうかを考えてみることも必要かと思います。
お話お聞きしていますと、かなり疲れ切っておられると推測されます。
まずはしっかり疲れを取ること(心療内科受診、睡眠をしっかりとるなど)、そしてカウンセリングを併用して、不安を少しでも和らげ、心の余裕を増やすことが大切であるかと思います。

心理専門職にならなくとも、目の前の人と助け合うことはできます。
教科書的なアドバイスで恐縮ですが、まずご自分が気持ちよく生活することを第一にお考えいただければと存じます。

違反報告

2021年2月15日 08時51分