教えて掲示板の質問

「ちょっとしたことで落ち込んでしまいます」に関する質問

  • 受付終了

ぷーさん

20代前半のころはとてもポジティブで、ネガティブの人の気持ちなんて理解できませんでした。例えば、とても仕事ができる人と一緒のプロジェクトに参加すると、その人の技を盗むことができるとワクワクしてました。他のネガティブな人は仕事ができる人と一緒だと自分の出来なさが身にしみて落ち込むと言ってたことが理解できませんでした。

しかし、その後、移動して昇進してから仕事が思うようにいかず、またそのことで同僚や上司に人格否定されたり、聞こえるように陰口を言われたりしました。そのことがきっかけで、自信を失い、人が怖くなってしまいました。いつも自分の悪口を言われてるんじゃないかと気にするようになりました。その異動先の職場の雰囲気は最悪で、いろんな人の怒りの矛先が私に向き、体調に影響が出るほどきつかった時もありました。

そこで四年ほど耐え、また異動して今に至るのですが、環境が変わっても悪口を言われるんじゃないかと気にしてしまいます。また、ちょっとした失敗をしても、すごく落ち込み、だめな人間だとレッテルを貼られるのが怖くてなりません。むしろ、他の人が失敗しているのをみて安心することもあります。人と比べてはいけないし、小さいことをいちいち気にしてはダメだと頭では分かっています。落ち込んだところで何もいいことはないのもわかってはいるのですがなかなか行動にうつせません。どうしたら、前のようなポジティブな自分に戻ることができるでしょうか?

違反報告

2019年6月26日 22時12分

教えて掲示板の回答

TULINE

TULINEでポジティブチューンアップしましょう!!


TULINEにご相談ください!

TULINEでは多数のカウンセラーがいますので、あなたに合ったカウンセラーが見つかるはすです!


TULINEではカウンセリングのみならず幅広く「問題解決」としてお客様のお話をお伺いしてます。
私どものところでは安心してご利用できると思いますよ(^^)

もちろんTULINEでは、初回電話相談30分無料!電話では緊張してしまうという方にはLINE相談も期間限定で無料カウンセリングを行っています!


是非今回のお悩みをTULINEにお任せ下さい!

TULINEのカウンセラーは精神保健福祉士、社会福祉士の資格があり、相談実績1000件以上の実績があります!



TULINEの詳細こちらをご覧ください↓
https://tuline.jp/sp/

違反報告

2019年6月29日 15時36分


アマリリスカウンセリングサービス

ぷーさんこんにちは。アマリリスカウンセリングサービスの森田と申します。お悩み拝見させていただきました。

職場での人間関係の悩みって本当に辛いものですよね。それまでポジティブな気持ちで仕事に取り組めていたぷーさんにとっては、なおさらその出来事はお辛いことだったのだと思います。
社会に出て仕事をしていけば、このような経験は誰もが一度は経験することなのかもしれませんね。そしてひょっとすると、この先もまた同じような経験をすることになるのかもしれませんね。

ではどうしたら良いか?

いろいろとその解決方法はあると思うのですが、例えば上手くいかなかった仕事に関する自分のスキルを見つめなおし、ウイークポイントを見つけて、それをカバーする具体的な策を考え出すこと。ほかには、辛い気持ちになってしまった出来事に対する自分の受け取り方を検証し、それをより適切なものへと再構築する方法などが挙げられます。私としては、後者の方法を推奨します。なぜなら、ある出来事に対する適切な受け取り方を身につければ、同じような状況に何度遭遇しようとも気持ちを惑乱させることはなくなるからです。

この一連の出来事の中で一番辛い気持ちになってしまった場面を思い出してみてください。それは瞬間的な出来事です。そのとき辛い気持ちが沸き起こる前に、ご自身の心の中で何かをつぶやいているはずです。そのつぶやきが出来事に対する受け取り方を表現しているはずです。つまり、その辛い気持ちはその出来事が生み出しているのではなくて、ご自身のその出来事に対する受け取り方が生み出しているのです。お悩みは出来事に対するご自身の受け取り方が生み出しているということです。
適切なものごとに対する受け取り方を身につければ、タフな状況を乗り切ることができるようになります。繰り返しますが、それは瞬間的な出来事です。その瞬間を乗り切るだけで良いのです。

「ポジティブな自分に戻る」というよりも、「ものごとに対する適切な受け取り方ができる自分」になることを目標とするのも、今のお辛い状況を克服するのに役立つものなのではないかと、私は思います。

ぷーさんのお悩みが一日も早く解消されますことを願っております。

違反報告

2019年6月28日 21時26分


「カウンセリングの部屋」

初めまして、ぷーさん。『カウンセリングの部屋』の佐藤と申します。最悪な雰囲気の中で、よく4年間も耐えましたね。人の小さな失敗を人格否定や悪口で攻撃する人は、困っている人なのです。何に困っているのかわかりませんが、そのイライラがあなたに向いてしまったのだと思います。上司自身に部下を指導する余裕がないことで、その影響で同僚もピリピリしていたのかも知れません。

 その4年間の出来事はあなたにとって、とても辛いものでした。異動で環境が変わっても、あなたの心の傷は残っていて当然です。悪口が気になったり、失敗して落ち込んだり、他人の失敗に安心するのは、今のあなたにとって自然な反応です。以前のあなたがとてもポジティブだった分、今の自分を受け入れられないということもあるのではないでしょうか。

 「前のようなポジティブな自分に戻ることができるでしょうか?」とありますが、最悪な環境を乗り切ったあなたは、もうポジティブ思考だけのあなたではないのです。その4年間で学んできたはずです。人の痛みを慮れない余裕のない人がいるということ。自信がなくなると、どういうふうになるのか。環境が変わっても、心の傷が残るということ。

 その傷はすぐには消えませんが、今の環境の人間関係に信頼ができることを一つづつ増やしていければ、あなたの自信も回復していきます。悪口を言う人の方に問題があると思えたり、失敗は次の成功につながると思えたり、攻撃をする人は困っている人と思えると、その攻撃をうまくかわせるようになります。

 4年間の経験はとても辛いことでしたが、あなたが成長するための試練だったのかもしれません。ネガティブな人のことが理解できるようになったり、人の痛みに寄り添える人になるための苦しい経験でしたね。あなたが部下を持つ立場になった時には、その部下の身になる指導ができる、余裕のある人になって下さい。

違反報告

2019年6月28日 11時18分


カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめまして ぷーさん
カウンセリングルームFlowの馬場と申します

ちょっとしたことで落ち込んでしまうのをなんとかしたい
ポジティブな自分に戻りたい

ということで

この場ですぐに解決することは難しいですが

書かれておられる内容からですが

4年もの間よくがんばりましたね
苦しいこと悲しいこと怖いこと
よく我慢なさったと思います

人格否定や陰口
本人に聞こえるように言われているなら
それはもう悪口です

とても劣悪な環境におられたのだと感じました

怒りを向けられたという点もそうですが

ぷーさんが自信を無くすほどに追い詰められ
おそらくですが
一人で耐え続けてこられたのでしょう

どうすればポジティブな自分に戻ることが出来るのかですが

いくつかの方法があるかと思います

一つは
失敗しても怖がっても構いません
人と比べたって構いません
小さいことを気にしたって良いのです

ただそこから
自分に何が足りず
人と比べ何が自分はできているのか
出来ていないのか
失敗をしてしまったのか何が原因で
今後どうすれば繰り返さずに済むのか

それを落ち込むたびにとはいいませんが

それらを書き出し対策を練るという方法です

こうすることでネガティブな思考であっても
プラスに変えることは出来るのではないでしょうか

ぷーさんは怖がること不安になることは
ネガティブであると考えておられるようですが

それが強みになる場合もあるのです

より慎重になったわけですから

もう一つの方法ですが

4年間の異動先での経験から
他人への恐怖
これが強くなっておられるかと思います

否定されること恫喝されること

確かに怖いことです

ただ考えてみてください

貴女を否定し恫喝し悪口陰口を言った人たち

その人たちは貴女にとってどのような対象でしょう

大切な人でしょうか
特別な人でしょうか

どちらでもないと思います

嫌な人たちではないかと思うのです
貴女にとって価値のある人ではないのだと思うのです

貴女は自分のために生きているはずです
その人たち満足させ
納得させ
理解を得ても

ぷーさんにとっては
人生において単なる職場の人間でしかないのだと思いますがいかがでしょう

それでも恐怖を感じるかと思います

ですのでそれを緩和する方法を二つ目の方法として書かせて頂きます

他人への恐怖は嫌悪感と結びつきます

そして嫌悪感や不快感は脳の扁桃体の働きで作られます

ですのでこの部分を沈めることで変化をします

方法としては
怖い人思い浮かべてください
どんな表情でしょう

それを思い浮かべたまま強く何か噛んでください
噛むものは口を怪我しないものを選んでください

単純な方法ですが
これだけで大きく変化することもあります

そしてもう一つの方法ですが
恐怖や不安を専門としたカウンセラーのカウンセリングを受けてみても良いでしょう
過度な恐怖や不安を解消するという方法です

現状ポジティブな思考というよりも
恐怖や不安により
ぷーさんは行動することや仕事していくことが困難になっていると思います
ですのでそれを阻害するもの解消を試みてほしいのです

これが ぷーさんにとって参考となれば幸いです

ご質問ご相談がございましたら
どうぞ一度お問い合わせください

違反報告

2019年6月27日 23時55分


心理カウンセリング らしんばん座

ぷーさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

以前はポジティブな気持ちで、わくわくするほど仕事に取り組んでいたのですね。
しかし今では、自信を無くして人が怖くなって、ポジティブに仕事をすることが出来なくなってしまったのですね。

昇進して色々な壁にぶつかって、体調に影響が出るほどのきつい経験をしてきた今、ぷーさんは、一回り大きな人になっているのだと思います。
20代前半の頃は、とにかく全てが「勉強」で、見る物聞く物、すべてが「吸収すべき物」に見えていたのだと思います。
そして、やることなすこと全てが面白い。ぷーさんにとって、成長と吸収の時期だったのだと思います。

しかし昇進して仕事が変わると、そうは行かなくなります。
今までは、目標となる人の後を付いていけば、仕事も上手く行くし、評価もされていました。
しかし今度は、自分で「仕事の或る形」を作って、それを見せていかなければならなくなります。そうしないと評価もされない状況になってしまうと言った、厳しい状況になってしまったのだと思います。
つまり、今までとは「勝手が違う」状況になってしまったのだと思います。

20代の頃と昇進してからと、ぷーさんは変わってはいません。むしろ、変わらなかったことが問題だったのかもしれません。
かつての「ポジティブ」であることと、今の「ポジティブ」であることの、意味の方が変わってしまったのです。

おそらく今のぷーさんなら、かつて「ネガティブ」だと思って理解できなかった人の気持ちを、理解できるようになっていると思います。
また、人間関係についても、がむしゃらに吸収するだけでなく、それを周囲へ伝えることの大切さも感じているのではないかと思います。
また世の中には、意味もなく人の人格を否定したり悪口を言ったり、そういう人もいることにも気づいたのではないかと思います。

思い通りに行動できない自分、ままならない結果、決して好意的なだけではない他人・・・。
そういった物があることを、ぷーさんは理解されたのだと思います。
でもそれはそれで、認めてあげてください。ぷーさんが悪いわけでも、他の人が悪いわけではありません。
おそらく世の中とは、そういった物です。

それらをひっくるめて認めてしまうことが、今の意味での「ポジティブ」です。
何も、がむしゃらに頑張ることが、ポジティブではありません。
次々に襲ってくる問題に、「ああ、これは嫌だ」と嘆くのではなくて、「これは、どうしてやろう」と、思ってください。
小さな問題を一つ一つ乗り越えていくことが、自信をもつためのきっかけになっていくと思います。

違反報告

2019年6月27日 19時39分


自分への思いやりを育てる専門のカウンセリング

ぷーさん、こんにちは。

20代は、ついていけばよかったのかもしれません。
知らないことを吸収し、できないことをできるようにすることによって、
自分の成長を感じられたのだと思います。

30代になって、
まとめたり、率いたりする必要が出てきた。
チームには色々な人がいる。
もちろん、20代のぷーさんのようにできる人だけではないでしょう。
各人の強みや個性を見ながらまとめ上げていく。これは大変なことですよね。

そうした業務全体を見ることが
できるようになってきたのではないでしょうか?



批判は、注目されていることの証拠です。
できそう・もっとよくしてくれそうな人に
批判が集まります。

うまくいったことだけでなく、
失敗したことも、経験なんですよね。

4年も耐えて、別の部署も経験された。
私は、ぷーさんに「厚み」が出てきたと思いました。
周囲から頼りにされているのだと思います。

慎重さやリスクを知っているポジティブの方が
本当の強さだと思いませんか。

実際、ポジティブ心理学という分野でも
ポジティブ8割、ネガティブ2割が
自然で安定しているとされます。

ここはひとつ「演技」です。
堂々としてください。
自信を持っているように振舞ってみてください。

20代のポジティブとは少し違った
落ち着いたポジティブに
自分を創っていってみてほしいです。

違反報告

2019年6月27日 15時21分


憂うつの癒し屋

はじめまして、心理カウンセラーのヨナガ マサアキと申します。
大変なご苦労をされてきたのですね。
移動により環境が変わると、そこでは新参者ですから軋轢が生じます。
@自分の中の「いいところ」と強い心を育てるために、自分をポジティブに変えていく方法がわからない人は、以下の順番に沿って実践してもらえれば、必ず嬉しい変化が起きるはずです。
1:自分を信じよう:まず自分が変われることを信じよう!こればかりは、自分で「できる」と思わなければ、何も始まりません。
2:責任を持とう:自分の言動と人生には、責任を持たなければなりません。責任を引き受けるのは重荷のような気もしますが、それは性格改善のための必要不可欠な要素なのです。
3:絶えず反省しながら進もう:そうすれば、つい脇道にそれてしまったときも、すぐに正直に戻ってこられます。
4:第三者の評価を受け入れよう:自分の背中は自分では見ることができません。従って他者からの指摘も素直に受け入れることにしましょう。
5:「上位目的」を設定しよう:少しぐらい性格が改善されても、それに甘んじずにすぐに「上位目的」を設定して、さらに改善ができなかを考えてみましょう。
6:“習慣化”しよう:自分を変えるプロジェクトを成功させたいのなら、とにかく毎日の習慣にすることです。
いったん習慣化してしまえば、自然に性格は変わっていくものです。
7:たくさんの人と付き合い、人間性に磨きをかけよう:たくさんの人と付き合うこと。出来るなら、自分よりさらに人格的に優れた人と付き合うこと。これによって、あなたの性格や人格はさらに磨きをかけることができることでしょう。
>まず自分が変われることを信じよう!こればかりは、自分で「できる」と思わなければ、何も始まりません。
そのためには、自信をつけるテクニックを一部紹介しますので、参考にしてみて下さい。
大前提:
あらゆるもの(自分以外ものすべて)に感謝する気持ちをもつ
すべてに感謝の気持ちが、自分を愛する気持ちになり、それが自分に自信を持つ気持ちにつながります。
感謝する方法としては、
言葉グセとして
「いただきます」→「(他の生き物の命を)いただきます」
「ありがとうございます」→「有り難い」→
「滅多にない事でございます」
などがあります。
@形から入る
感情が行動に現れるように、
行動が逆に感情を変えていくことがあります。
自信のない人は、視線が下を向き、
歩き方も力がないのではないでしょうか。
ですから、空を見たり、星を見たりして、
視線を上に上げる練習をして下さい。
また、座っている時、歩いている時に意識して背筋を伸ばして下さい。
そうすると、自然と心が前向きになり自信をつける土台が出来ます。
@小さな成功(達成感)の積み重ねを利用する
1:達成可能な目標を設定します
2:当然ながら達成されますが、
その時に子供のように大げさに思えるぐらいに喜ぶのです。
この方式をやることで、
次の目標に対するモチベーションが高まるのです。
徐々に目標の難易度を上げていき、
子供のように大げさに思えるぐらいに喜ぶことを繰り返すことによって、自然に自信がついてきます。
自信は小さな成功体験の積み重ねからもたらされるものだからです。
@「であるか」のようにふるまう技法
これは、感情と行動が双方向性を持っていることを利用するものです。
双方向性を利用するとは、普通は感情→行動となるところを、
行動→感情にするということです。
わかりやすく言えば、行動を起こすことによって、
自然とその行動にふさわしい感情が出てくるというものですが、
自信がないという状態はネガティブな感情があるということです。
そこで、自分の理想の人物(職種)をイメージします。
(理想の芸能人、理想の歴史上の人物、理想の職種など)
それから、その理想の人(職種)の行動パターンを(できるだけ細かく)調べて、
普段の行動、思考をまるでその理想の人(職種)になったがごとく「出来得る限りのマネ」をすることを習慣づけます。
そうすると期間は人それぞれですが、ポジティブな感情(思考)に変わっていき自信が生まれてきます。
まさに、行動することによって感情(思考)を変えていくという方法です。
その他は、私のHP→「トッピス・リスト」→「自信をつけるテクニック」に掲載されておりますので参考にして下さい、

違反報告

2019年6月27日 15時09分


臨床心理シランの室

ぷーさん はじめまして。臨床心理シランの室です。

固定されたポジティブな自分や ネガティブな自分があるわけではありません。たとえですが、「水を得た魚」という言葉がありますが、水を得た魚は、とてもポジティブで、活動的ですが、水がなくなれば、元気がなくなりネガタィブを通り越し、やがて死んでしまいます。

人の心は、時と場所によって変わります。特に、職場という環境、仕事上の立場の変化は、適応に大きなエネルギーを使うため、不適応症状を表す(ひどくなると適応障害と診断される)ことがよくあると言われています。

今のあなたの辛さは前職場で受けたストレス過多にあると思われます。
そのストレスにうまく対処できず(あなたのストレス対処能力を超えていた)、自律神経も乱れた状態になり、周囲の人間から発せられる言動に柔軟に対応する余裕もなくなり、エネルギーも低下、いつしか心の中に傷(トラウマ)となり、未消化のまま、今日に至っているような気がします。

ストレスにうまく対処していくためには、物事のとらえ方や考え方、行動の仕方、感情のコントロールの仕方、ストレス対処の仕方やソーシャルサポートなどが必要になります。

あなたに合った正しい対処法を身につければ、昔のポジティブなあなたに戻ることができます。
現状を改善させる対処法としては、心療内科に行くか、心理カウンセリングを受けるか、自力で認知行動カウンセリングをするかの三つが考えられます。

一つ目の方法は心療内科を受診することです。掲示板の内容を医師に話せば、おそらく適応障害か抑うつという診断が下されそうな気がします。心療内科の医師は薬物治療が中心になると思います。今のあなたの現状は、心療内科というレベルではないような気がします。

二つ目は専門のカウンセリングルーム(できれば専門性の高い臨床心理士や公認心理師がいるところ)で心理療法を受けることです。あなたの症状からすると認知行動療法が適切と思われます。物事のとらえ方-行動―生理―感情という心と体のからくりを理解し修正する方法です。あなたの本質的な心理傾向をよい方向に向かわせるためにも認知行動カウンセリングを受けるとよいでしょう。この方法は仕事をしながら可能です。

三つ目は自力で、本などを読んで認知行動療法やストレス対処などを実行する方法です。認知行動療法の中に、ホームワークやモニタリング(自己観察)などがありますので、できないことはないと思いますが、自制心や向学心、そして症状が軽いことが条件になると思います。

あなたの症状からすれば、二つ目を選択され心理療法を受けることが現状の改善にはベストでしょう。

あなたと似たような状況にある方を最近カウンセリング(認知行動療法)しました。30代の方です。二度、適応障害を繰り返していました。一度目は、出張が多く、適応障害となり心療内科受診。会社が配置換えという環境調整をしてくれたため改善できたそうです。(適応障害は環境調整が、一番効果があると言われていますが根本的な治療にはなっていません。配置換え、休職、転職など)

二度目は最近のことで、上司のパワハラと離婚騒動が重なり心療内科受診。3か月の休職。傷病手当受給。心療内科では薬物療法のみだったので、休職期間中に根本的に治療したいと当シランの室に来所されました。

心理検査で心理、生物、社会的要因をアセスメントし、ソウシャルサポートの確認、ストレスコーピング、認知の在り方、ホームワークなどを実行しながら5回程度の面接で改善し職場復帰を果たしました。

あなたの現状からすると、前のようなポジティブな自分に戻るためにも、認知行動心理カウンセリングを受けることが一番ふさわしい道だと思われます。

違反報告

2019年6月27日 12時33分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
自信を失った原因は、仕事が思うようにいかなくなり、上司や同僚から人格否定されたり、陰口を言われたことですね。

自信を取り戻せば、ポジティブな自分に戻ることができます。
仕事が上手くいかなくなった原因を突きとめて、上手くいく手段方法を見つけましょう。

一人では難しいと思います。
一緒に頑張ってみませんか?

遠距離でも、メール、スカイプ、電話が対応できます。
現状を打開するには、考えて行動することが一番大事です。

安価ですのでお気軽にご利用ください。
mental@r-empathy.comでお待ちしております。

違反報告

2019年6月27日 12時02分


文京カウンセリング

20代前半のころはとてもポジティブだったぷーさん。
ネガティブな人の気持ちなんて理解できなかったとのこと。
きっと怖いもの知らずだったのでしょうね。

その後、様々な経験をされてきたことで、たくさん傷つき、怖さを知っていったぷーさん。
もう怖さを知ってしまった以上、前のような怖いもの知らずのポジティブな自分に戻ることは難しいかもしれません。

ですが、今のぷーさんは、かつて理解できなかったネガティブな人の気持ちを理解できるようになったのではないでしょうか。
それは、ぷーさんにとって大きな成長であり、今後大きな強みになると思います。

怖さを知っているからこそ、慎重に事が運べるようになったかもしれません。
怖さを知っているからこそ、ネガティブな人に声掛けできるかもしれません。

きっと色々なことが出来るようになっていると思います。
そんなご自分を見つけていく中で、またワクワクした気持ちが戻ってくるかもしれません。
ポジティブなだけだった頃よりも、より魅力的なぷーさんになられることを期待しています。

違反報告

2019年6月27日 11時56分


心のごみ箱ルーム

ぷーさんへ

はじめまして。『心のごみ箱ルーム』の松下紀子です。

ぷーさんのお悩みの答えは、簡単な話しです。

人は、俗にいわれているような神的存在ではないので、ポジティブのみの思考では生きてはいけません。

ポジティブとネガティブの両方のバランスで、安心して生きているのです。

ぷーさんのように、《ポジティブ=正しい》というような偏った思考では、人間であれば限界をむかえます。
なので、4年ほど前に、壁にぶち当たってしまったわけです。
他人の人格否定のような出来事にぶつかったのは、ぷーさんへの、ネガティブの存在を、ぷーさん自身が受け留める時期に差し掛かったという自然からのメッセージです。

そのバランスが、うまくぷーさんの中で、バランスよく受け入れることができれば、ぷーさんの《=:イコール》ではなく、得意なポジティブ思考がよみがえってきます。
そういう意味では、これまでの4年間も、決して無駄ではありません。

そのバランスを形成させるためには、どの辺りから、過剰ポジティブに走ったのかを、これまでの事柄からひも解いて、軌道修正しないといけないので、そこのところをうまく導いてくれるカウンセラーさんと、じっくり向き合ってください。
その後、自分らしさを取り戻すことができたら、その後は、ネガティブの人の気持ちが理解できないぷーさんではない、新たなぷーさん誕生で、20代前半のぷーさんとは違う、バランスの良いポジティブ思考のぷーさんとして、その後を生きていけますよ。

新たな、ぷーさんが楽しみですね。
それまでは、もう少し、苦しい時期を過ごすことになりますが、良いカウンセラーさんを見つけてください。
もし、よければ、私まで連絡ください。
何より、ご本人が、この人なら!と思える人が一番です。

『心のごみ箱ルーム』 松下紀子

違反報告

2019年6月27日 11時47分


新宿ファミリーカウンセリング

ぷー 様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田と申します。
お困りのお気持ちお察しいたします。
こういう場合には、心の傷が残るのは当然な出来事ですから、お一人で抱え込まないでくださいね。
ただ、直ぐにも解決されたいでしょうけど、こういう場合には、原因や対策がある程度わかっても、例えばスポーツの習得でもそうであるように、一時的なアドバイスや本を読む等のみでは解決は難しいので、
諦めずに、適切な専門家による継続的な対応をお求めになることをお勧めいたします。
よろしければ、私の方でも承れます。電話、メール、LINEでのご利用であれば、無料でお試しができます。
お申し込み・お問い合わせは、以下のリンク先または店舗ホームページから承れます。

違反報告

2019年6月27日 10時47分


Freedom Counseling School

はじめまして、

コメント拝見致しました。

「ちょっとしたことで落ち込んでしまいます」とのご相談ですね、

ポジティブになるにはトレーニングが必要です。

「前向き・肯定的」な生き方がそれを可能にします。

個別対応しておりますので、

一度、ご連絡ください。


FCS 主宰 野口正彦

電話& LINE ID: 0445441539

※匿名では受付できません、氏名、ご住所、電話番号をお知らせください。
※ご相談者ご本人に30分無料カウンセリングいたします。

(営業時間内限定)平日:AM 9:00~ PM 6:00 までの受付になります。


お気軽にご相談ください。

■料金表
http://fcscart.cart.fc2.com/?page=1
------------------------------------------------------

日本心理カウンセラー協会 ★JPCA★

Japan Psychological Counselor Association.

FB: https://www.facebook.com/jpca20170801/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/MatRBdOe9DO0

------------------------------------------------------

Freedom Counseling School 

フリーダム・カウンセリング・サービス

FB: https://www.facebook.com/fcs1996st/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/IN1cA1qlnlgk

------------------------------------------------------

違反報告

2019年6月27日 10時37分