教えて掲示板の質問

「男性とうまく話せない」に関する質問

  • 相談中

由莉さん

年齢が父親ぐらい離れてる方や、年配の方などは普通に話せるのですが、同年代や少し年下の異性とは全く話せません。
何を話していいかわからなくなり、会話が続きません。
学生時代もまともに関われず、異性の友達はいませんでした。
ただ苦手というわけではなく好きになった人はいました。それでも全く話すことができずに終わっていました。
おそらく過去のトラウマというか、女友達に好きな人を言いふらしてからかわれたり、私は顔が赤くなりやすいのですが、好きでもない子の事をそれによって好きと勘違いされて面白おかしくからかわれたりしたことが原因
かなと思います。
少し異性と話していても周りの女友達が言動をからかってきたり、そういう事もあり私が異性と関わってるのがそんなにおかしいのかな?と感じるようになり避けてた部分もあります。
また、顔が赤くなってしまうと意識すればするほど赤くなってしまってそれも困っています。
もうこの年齢なのでいい加減同性と同じように普通に話せるようになりたいのですが…
もちろん恋愛経験もありません。
どうやって慣れる事ができるのでしょうか?

違反報告

2018年7月8日 12時51分

教えて掲示板の回答

spirit garden

由莉さん はじめまして
まだ回答募集されていますか?

学生時代のできごとは、よくも悪くも大人になっても影響するものです。
私も未だに昔のことを言われることがあり、たまに落ち込むことがあります。

現在、同級生など当時の由莉さんを知る人達が周りに多くいますか?
もしいないようなら、過去と現在の環境は違うので
「からかってきた人はもういないのだ」と
環境がリセットされていることをご自身に言い聞かせることで
チャレンジする勇気が湧いてくることもあると思います。

お仕事はされているのでしょうか?
職場の男性との会話にも不自由はありますか?
業務的な会話も難しいのでしょうか。
職場の人間関係にもよりますが、由莉さんの今の状況を素直に話して
(もちろん、話しやすい人で同性・異性関係なく)
周囲に理解してもらうことで、少しでも緊張感を和らげることはできるかと思います。

ポイントをざっくりと書きましたが
慣れる為には実践は必要です。

過去のトラウマを癒やす作業と同時に
もちろん由莉さんの環境や気持ちなど考慮しながら
実践ポイントを探して、小さいことから実践を重ねていくことが自信につながると思います。

少しずつ、過去のことが気にならなくなりますよ
大丈夫です

違反報告

2018年7月19日 23時17分


大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野メンタルカウンセラーのまことです。
お困りのお気持ちお察しいたします。
もう少し詳しいお話をいただいてからでないと、ご相談内容の判断は難しいですが
ご相談の件は私の専門分野です。

トラウマの解除が必要かと思いますのでお近くでしたら
ブレインサイコセラピー若しくはフィシオエナジェティックテストが有効かと思います。
あとは、カウンセリングで早期に解決できると思います。

私の方でも承れますので、スカイプ、メール、LINEでのご利用であれば
カウンセリングさせて頂きますのでまずは、こちらからもお伺いしたいことなどもございますので一度
メールにてご相談くださいませ。

違反報告

2018年7月10日 20時29分


お礼コメント

ご回答ありがとうございました。

2018年7月10日 21時23分

憂うつの癒し屋

はじめまして、心理カウンセラーのヨナガ マサアキと申します。
そうですね・・・・・・・・・・・・・・・
もっと深いところでトラウマが存在しているかもしれませんね。
これには禁止令が大きく関わっているかもしれないのです。
〇禁止令とは、親から、子供に、無言でわたされる子供の態度行動に関する、親の感情的反応をいいます。
つまり子供の行動に対して、親の無意識な本音を子供がうけとって自分にブレーキをかけることを禁止令といいます。
これは物凄く強烈で、ほぼ強制執行的圧力で、
無意識のところからその人間をコントロールします。
例えば、両親がフラフラの浮浪の旅を続けていたり、そういう精神状態である場合に子供に与えられる禁止令です。
子供の側に取りますと「誰にも所属しない」「どんなグループにも属さない」「自分は、どこにも所属しないから、自分は誰からも愛されるようにならない」というような幼児決断する可能性があります。
一人でもできるトラウマの治療法としては、
曝露(ばくろ)療法が挙げられます。
A:今の自分の感情を感じることにより行う曝露療法
自分一人になる状況をつくり、そこに座る
→次に、心を静めて「心の中で自分は今、何を感じているのだろうか?どんな感情を感じているのだろうか?」ということを自問して、自分の心を調べてみる
→すると、自分が今どんな感情を感じているのか、心の中に抱いているのかが、よりハッキリと自覚できるようになる。
→その感情を感じ続ける
→感情を感じ続けていると、しだいに心が楽になってくる
(この曝露療法をしていると、トラウマの記憶が思い浮かんでくることがあります)
普段の生活でネガティブな感情(または、トラウマの記憶、ストレスなど)に襲われた時は、心を静めて「自分は今、心の中で何を感じているのだろうか?どんな感情を感じているのだろうか?」ということを調べ、その感情をあるがままに受け入れれば、心を癒すことができます。
B:思い出すことにより行う曝露療法
自分一人になる状況をつくり、そこに座る
→次に、心を静めて、トラウマ(または嫌な出来事や状況)の記憶やイメージを積極的に思い出してみる
→記憶やイメージを思い出すと、様々な感情が湧き上がってくるようになる
→記憶やイメージ、湧き上がってきた感情を受け入れて感じ続ける
→感じ続けていると、しだいに心が楽になってくる
トラウマの記憶(または、嫌な出来事や状況)を思い出すことにより、ネガティブな感情を積極的に感じることは、その人のトラウマを癒すための非常に有効な手段になります。トラウマと正面から向き合うことの有効性はすでに立証されています。
そのため、トラウマで苦しんでいる人は、そのトラウマを受け入れて、曝露療法で感じることをお勧めします。
心にたくさんのトラウマを抱えている方の場合は、過去の最も辛かった記憶や、現在最も苦しんでいる記憶(または感情)を曝露療法で感じると、効果的な治療を行うことができます。そのことは、「持続エクスポージャー療法」における次の文章を見ても分かります。
『ほとんどの場合において、最もつらい記憶がうまく処理されるとそれ以外の記憶にも効果が及び、つらさが軽減される』
最も辛い記憶が処理されれば、その記憶の治療効果は他の記憶にも及び、それらの記憶は直接曝露療法をしなくても情動的に処理される場合があります。そのため、心に沢山のトラウマを抱えている方は、まず、過去の最も辛かった記憶や、現在最も苦しんでいる記憶(または感情)を曝露療法で感じてみることをお勧めします。そうすれば、より効果的な治療を行うことができます。(最も辛い記憶と直面するのが非常に難しい場合は、その記憶よりも受け入れやすいと思う記憶を感じるようにしてください)
曝露(ばくろ)療法―補足情報―
@「曝露療法を行う日数」
実践したとしても、なかには効果をなかなか体感することが出来ない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、曝露療法を継続して行なっていれば、その効果を体感することができます。最低7日間は継続して行うことをお勧めします。曝露療法を7日間やってみたら、次は14日目、30日目を目指して曝露療法を行なっていってください。
@一時的に症状が悪化する場合がありますが、曝露療法によって取り返しのつかないことになることはありません。
曝露療法を行う人のなかには、曝露療法をやり始めたばかりの頃に、一時的に症状が悪化する人もいます。けれども、諦めずに曝露療法を継続して行なっていれば症状を改善させることが出来ます。

違反報告

2018年7月10日 07時32分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
禁止令のところはとても納得できる部分がありました。
曝露療法もとてもためになりました。
自分なりにもっと調べてみて実践したいとおもいます。
とても詳しくありがとうございました。

2018年7月10日 21時25分

カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめまして 由莉さん
カウンセリングルームFlowの馬場と申します

由莉さんのお悩みを拝見し書かせていただきます

過去の経験から同世代に近い男性と話しにくく
赤面してしまうことも それに拍車をかけお困りなのですね

どうすれば慣れることが出来るのかということですが

1つは自分が異性と話すのはおかしいことなのだろうか
という点です
つまり異性と話している時の自分への
同性の評価に恐怖や不安をもってはいませんか?
これは他者からの評価への恐れとも取れます
ですのでそういったことに不安を強く感じておられるのであれば
それを心理療法などで解消する方法

もう一点は
赤面してしまうという点です
これはいつ頃からのことでしょうか
由莉さんの学生時代以前のことであれば
もともと他人や異性に対し緊張してしまうからという可能性がありますし

その学生時代の経験をきっかけとしておられるならば
異性と話すということに緊張したり・恥ずかしいことと考えるようになった
ためとも考えられます

赤面する原因が違うと考えていただければと思います
ですので解消する方法も変わってきます

体質的に赤面しやすい方もおりますし
それがおかしいわけでもありませんが
由莉さんは赤面することについてどう感じておられますか?

これは何に慣れるかという事に関わってきます

異性と話すと緊張や恥ずかしさから赤面してしまうのであれば
異性に対しての緊張や恥ずかしさへの慣れ・緩和になりますし

赤面してしまうことが恥ずかしい・緊張してしまうというのであれば
赤面に対する緊張や恥ずかしさ不安の慣れ・緩和になります

これらも心理療法などでの解消が可能です

現状原因らしいと思われるものはありますが
確実にこの方法で慣れられる緩和できるという方法は断定できません

原因や経緯に他の可能性があるからです

本当に経験が浅いという原因であれば
周囲からみられず 知られなくとも済むように
男性のカウンセラーに相談し
会話してみるというのも一つの方法かと思います
対面では無く電話やメールなどで始めてみてもよいでしょう

その中でより具体的に貴女のお話を聴くことで
より良い方法が見つかるかと思います

これが参考となれば幸です

この回答についてご質問等ございましたら
無料でお返事させていただきますので
どうぞご連絡ください

違反報告

2018年7月9日 22時06分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
>同性の評価に恐怖や不安をもってはいませんか?
その関わってる異性からの評価ももちろん恐怖もありますが、その周りの同性からの評価の方が
より恐怖感があるかもしれません。
自分が赤面することに関してはマイナスにしかならないと感じています。
色々誤解を招いたり、思うように発言できなかったり。。。
辿っていくと異性そのものに恥ずかしさというより、おっしゃってる中にもあるように赤面することに対しての方がより恥ずかしさがあるかもしれません。

2018年7月10日 21時30分

追加コメント

お返事ありがとうございます

こちらの掲示の回答されている先生方の中から選んでみても
良いかと思います

由莉さんが一人悩み苦しむ状態から抜け出せる方法でもあると思います

2018年7月10日 22時00分

ファミリーカウンセリング米田

由莉 様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田です。
お困りのお気持ちお察しいたします。
これまでの経緯が複数が重なって、心の傷になっているのでしょう。
こういう場合には、心の傷が残るのは当然な出来事ですから、お一人で抱え込まないでくださいね。
直ぐにも解決されたいでしょうけど、
こういう場合には、もし原因や対策がある程度わかっても、掲示板のアドバイスのみでは改善は難しいので、諦めずに、適切な専門家による丁寧な対応をお求めになることをお勧めいたします。
よろしければ、私の方でも承れます。
お申し込み・お問い合わせは、メールアドレス famysummer@yahoo.co.jp
または、ホームページ http://orange.zero.jp/zbf59793.park/index.html
から承れます。

違反報告

2018年7月9日 21時52分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。

2018年7月10日 21時31分

臨床心理シランの室

由莉さん、はじめまして。シランの室です。

過去のあるとき顔が赤くなった経験がきっかけになり、それ以降、同世代の異性との接触場面で過度に意識してしまい、結果赤面してしまう。それがあなたの悩みですね…。

あなたの症状は、一種の対人恐怖症状ですから、現状を打開し「慣れていく」には心理カウンセリングを受けることが適切な方法だと思います。

対人恐怖症に効果があるカウンセリングは、認知行動療法か森田療法が治療実績が高いのでお勧めです。森田療法は実施しているところが少ないので、認知行動療法を実施している民間のカウンセリングルームか、もしくは心療内科などで専門に臨床心理士を配置しているところをネットで探せばよいと思います。料金の関係もありますので…。

症状の原因には、きっかけ因と本質因があります。きっかけは過去のあなたがいうトラウマ体験ですが、それを問題にしてもあなたの本質的な解決にはつながりません。本質因は、あなたの気質(性格)と環境の中で作り上げられてきた(心理学でいう学習)物事の捉え方、受け止め方、行動の仕方などにあると思われるからです。

そうした認知や行動の傾向を知り、修正していく必要があります。それを実践するのが認知行動療法です。

異性と接する場合に、「顔が赤くなったらどうしよう」「変に思われないたらどうしよう」「変に見られたくない」と過剰に意識しすぎると、結果、顔が赤くなってしまうという恐れた事態を招いてしまいます。

「顔が赤くなったらどうしよう」という頭に浮かぶ不安やイメージを言葉で解決しようと、やりくりするところに苦しみが生まれます。つまり、今の苦しみはあなたが作りだしているとも言えます。

不安や恐怖という感情を言葉でやり繰りせず、「あるがまま」に受け入れ、顔が赤くなるまま、緊張したまま、恐怖したまま、ただ目前の異性との話や関りに集中すればいつしか、恐怖や不安はおさまっていきます。不安や恐怖を言葉で追い払おうとすればするほど、「とらわれ」から抜け出せなくなり深みにはまります。

あなたは、よりよく生きたいという気持ちが強く、理想が高い人のような気がします。今はそれがあなたの症状を強化し、あなたを苦しめていますが、修正された場合はプラスとなり、人間として一回りあなたは成長されることでしょう。

適当なカウンセリングルームが見つかるまでの期間、「シラン室」で無料メールカウンセリングを実施しますので、よければご利用を考えてみてください。

違反報告

2018年7月9日 18時27分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、赤くなったらどうしよう…と考えれば考えるほど、酷くなっていきます。
それに関してはこれまでの言われてる通り物事の捉え方などにひっかかりがあるのかもしれまけん。
自分で原因を全て見つけて解決までいくのは難しそうなのでカウンセリングに頼った方がよさそうですね。

2018年7月10日 21時34分

こころゆるび

由莉さん。はじめまして。こころゆるび~メールカウンセリング~の時任美歌と申します。
男性と上手く話せなくて悩んでいらっしゃるのですね。
恐らく一番の原因はからかわれたくない恥ずかしいと感じてしまうことなのでしょう。
周りにからかうタイプではない友人のみの時や仕事中など普段は赤くなってしまうけれど、この時はならなかったというような例外はありませんか?
その例外は由莉さんの悩みを解決するヒントになりますよ。

私でよければ、由莉さんの悩みを解決するお手伝いをさせていただきたいです。サイトにいらしてくださいね。

違反報告

2018年7月9日 18時07分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
このときはならなかったという例外…
考えてみたのですが、やはり上記にもある歳が離れてる方以外や、からかわれているかもわからないのにこの人はからかうんだろうなという思い込みもあり、結局恥ずかしい思いをしてしまいます。
ただそういう例外もあるかも、と注意深く自分を見ていきたいとおもいます。

2018年7月10日 21時37分

カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
感情がブレーキとなっているから、話せなくなっしまうのだと思います。

年上の男性と話せるのは、感情のブレーキが掛からないから抵抗がないのだと思います。
安心に変えてブレーキを解除すれば話せるようになれます。

当ルームのクライアントさんとスカイプで練習してみませんか?
個人情報は一切出さずに、ただ雑談するだけです。

私も入りますので、話題に詰まる心配はしなくても大丈夫です。
成功体験が誰とでも話せるようになります。

それと、赤面症の対処法もご教示したいと思います。
料金は低額ですのでご心配なく。

mental@r-empathy.comでお待ちしております。
今が変わり時だと思います。

違反報告

2018年7月9日 13時45分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
ご検討させていただきます。

2018年7月10日 21時39分

カウンセリングスペース Healing Forest

はじめまして、由莉さん。
お悩みの書き込み、ありがとうございました。
だいぶ長い間悩んで来られたようですね。

おっしゃる通り、過去の経験から「間違った思い込み」をしてしまっているのかな、と感じました。
間違った思い込みとは、異性との関係をからかわれたり、「うまく話さなくては」ということです。

慣れるというのは、この間違った思い込みを変えていく、という事ですので、「習うより慣れろ」の言葉通り、身近に居る異性の方たちとあいさつ程度の会話から始めていく事でしょう。
その際「うまく話そう」と思わないように意識する事がポイントになります。

またカウンセリングやセラピーを受けて、自分のココロと向き合ってみるのも良い方法だと考えます。

違反報告

2018年7月9日 13時44分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
たしかに思い込みすぎるところもあるのかもしれません。
またご相談させていただきます。

2018年7月10日 21時40分